やり抜くモチベーションがない

管理職が気にするのがメンバーのモチベーションです。モチベーションは業績に影響を与えますので、モチベーションが下がらないようにいろいろと工夫されているのではないでしょうか。

一方で、モチベーションが高くても、それが「悪しきモチベーション」だと困ります。例えば、「お客様のため」ではなく「自分のため」と、自分の都合で相手に契約を求める…などです。これは、自社に対する悪い評判につながるリスクがあり、また、リピートしてくれるお客様も増えません。これでは、「新規開拓」ばかりせざるを得ない状況となり、会社も営業マンも疲弊します。

これとは逆に「良いモチベーション」を高めることができれば、自社に対する良い評判が広がり、リピート客はもちろんのこと、お客様からも紹介をいただき、無理せず顧客が増え続ける良い循環につながります。

「モチベーションの良し悪し」の重要性は理解できても、「やり抜く」ことができる営業マンがわずかしかいないのであれば、困りますね。この状況を変えるにはどうしたら良いのでしょうか。

人は趣味や好きなことなど、そもそも「やりたいこと」であれば、やり抜くことができます。「やり続けたい」と思いますね。それでは「やりたいこと」をしている時、人はどのような状態になっているのでしょうか?

答えは「ストレスのない」状態です。
弊社の「ストレスフリードリブン」は、「良いモチベーション」で「ストレスのない状態」を作るメソッドです。つまり、誰もが、良いモチベーションで、やり抜く営業マンになります。
かつて、契約ゼロだった私が、ストレスなく顧客を増やし続け、全国1位になれたのも、この「ストレスフリードリブン」のおかげです。

弊社の「ストレスフリードリブン」は、個人営業成績全国1位、そして管理職としても支店を全国1位にし、転職先でも業種を問わず、新規事業・既存事業を成長させた実績を作ったメソッドです。
BtoB、BtoC、業種業態を問わず営業組織の再構築・営業マンの育成に効果を発揮します。
この実績に基づいたメソッドには、「良いモチベーション」と「やり抜く環境」を作る仕組みが体系化されています。よって、ストレスなく、やり抜く営業マンを輩出する営業組織を構築することができます。

お問合せはこちら

お問合せ