提案・プレゼン能力の差が大きい

提案・プレゼンの結果、どうなれば良いのでしょうか?
「あなたから商品・サービスを購入する」ですね。

それでは、相手があなたから購入すると決めるのはいつでしょうか?
実は、提案・プレゼンする前には決まっています。提案・プレゼン時の内容で決まるのではなく、それ以前の対応で決まっているのです。

それでは、提案・プレゼンは何のためにするのか?
お客様の「私が求めていることをちゃんとわかってくれているか」と、営業マンの「あなたが求めていることはちゃんとわかっていますよ」の相互確認のためのものです。相互確認の結果、お客様が「思った通り、この人はちゃんと私をわかってくれている。このまま、この人に任せよう。」となるのです。

提案・プレゼンは、お客様を説得するためのものではありません。
そして、提案・プレゼン能力というのは、提案・プレゼンするまでの期間に相互理解を深め、一致させる能力を言います。これは、提案・プレゼンするまでの流れである「商談ストーリー」さえしっかりとできていれば、そのストーリー通りに進めていくことで、「この人に任せよう」と決めてもらえるようになります。

大切なのは、精度の高い商談ストーリーとその習得です。

弊社の「ストレスフリードリブン」は、個人営業成績全国1位の実績、そして管理職として、新規事業・既存事業を成長させた実績等々を作ったメソッドです。
BtoB、BtoC、業種業態を問わず営業組織の再構築・営業マンの育成に効果を発揮します。
この実績に基づいたメソッドには、「商談ストーリー」の構築も含まれています。さらに、扱う商品・サービスごとにカスタマイズした貴社オリジナルの商談ストーリーが構築できます。この商談ストーリーを使えば、提案・プレゼンの成功率を高めると共に、ストレスなく顧客を増やしていくことができます。


お問合せはこちら

お問合せ